経営コンサルタント 中田耕治のブログ

「伸びる社員」「伸ばす社長」「優秀なリーダー」について簡潔にお話しします。

仕事に「変化」を求めよう②

 会社を取り巻く環境変化に追従するため、仕事に変化を求めることは非常に大切だが、人は変化を嫌い安定を求めやすい。

 それは、仕事を変化させるためには力がいるからだ。

 逆に、安定していること、つまり、変化しないということは、車が停止しているのと同じように何の力もいらない。

 だから、人が安定を求めるのは、エネルギーの損失を防ごうとする無意識の動物的な本能で、仕方がないことかもしれない。

20211001083859.png

 もちろん、好きなことや、やむにやまれぬ場合は行動するが、できるだけじっとしていたいという本能がある。

 また、仕事を改善しようとして変化させたとき、もし、変えた結果が悪ければ自分が責められることになる。

 そのようなことまでして仕事を変化させなくても、今まで通りにやっていれば大きな失敗はないと考えて、仕事に対する変化を拒みやすい。

 

 さらに、多くの社員は、新入社員のときから、仕事を変化させることよりも、決められた仕事の手順を守ることの大切さを教えられ過ぎている。

「標準書を守る」「先輩から言われた仕事のやり方を引き継ぐ」こと、それが正しい方法であると何回も教えられてきたから、与えられた仕事を変化させることはしない。

 やりにくい仕事、間違いやすい仕事などは、本来は改善するのが普通なのだが、先輩が作った仕事のやり方を、そのまま我慢しながら維持し続ける。

 また、最初は無意味と思われるような仕事であっても、何回かやっているうちに問題を感じなくなる。

 そして、やがてそのような仕事に慣れてしまい、変化させることができなくなる。

f:id:knakata:20211002164222p:plain

 ところで、会社自体は、利益を出し続けるという「安定」を求めている。

 しかし、この安定は求めなくてはいけない。

 そして、そのために仕事を変化させる必要がある。

 ちょうど、自転車が安定して走り続けるために、こまめに、ハンドル操作をしたり重心を移動させたりするのと同じだ。

 製品、お得意先、生産現場、事務所、そして、それぞれの社員の心が、常に少しずつ変化することによって、会社は世の中の環境の変化に対して、安定して利益を出し続けることができる。

 

 社員全員が、「いつもと同じように、今日はこれとこれの仕事をして…」なんて考えていたら、会社が傾くことは間違いない。

 だから、毎日、仕事を始めるときには、「今日は何を変化させてやろうか」と意識的に考えることが必要だと考えている。

 

仕事に「変化」を求めよう①

 仕事に変化を求めることは非常に大切だ。

 仕事の内容が安定していて、変化していないということは、すなわち、会社は衰退していると言える。

 なぜなら、会社を取り巻く経営環境はとどまることなくグローバルに激変しているのに、仕事が変化していないということは、経営環境の変化に追従できずに、社会から取り残されていることを意味しているからだ。

 だから、仕事が安定しているということは、会社は反対に不安定であり、会社の成長繁栄という面から考えるとよくないことになる。

 f:id:knakata:20211001083859p:plain

 たとえば、工場の生産現場で、昨年と同じ機械や同じ作業方法で生産を行っているとすれば、得意先のコストダウンや納期短縮、品質向上の要求に対応できずに、いずれ受注量が減少することは目に見えている。

 もちろん、競合他社との競争にも負けていく。

 また、昨年と同じ顧客にだけ製品を販売しているとしたら、売上高の増減はその顧客任せで、自社の成長は成り行きになる。

 だから、「新製品を開発する」「新規顧客を開拓する」「製造工程を改善する」などの変化を求めなくてはならない。

 もちろん、変化には、良い方向への変化と悪い方向への変化があるために、結果的には、思わしくない変化もありえる。

 しかし、変化さえしていれば、もし、悪い方向に変化すれば、それを見定めて良い方向に軌道修正をすることができる。

社長は未来に目を向けよう

 これからの10回は、「優れた経営者」についての考察を進めていく。

 まず社長は、100年先を観る意志を持って、未来に視点を置こう。

f:id:knakata:20210929065911p:plain

 2~3年先から10年先、そして100年先を考えることが必要だ。

 100年先なんて、誰も知っている人が生きていないなんて言わずに、その時の社会環境や人々の生活に思いを馳せるとよい。  

 きっと現在の会社経営に結びつく、「何か」を見つけることが出来るものだ。

自己成長を始めよう

 自己成長のスタートは、基礎となる知識の吸収からだ。

f:id:knakata:20210925100524p:plain

 多くの知識を吸収することが、成長のスタートに必要だ。

 吸収した知識が、その人の頭の中で相互に結合しだすと、成長の第2段階に入る。

 知識の吸収には「暗記」という作業が必要で、結合には「思考」という作業が必要だ。

 そして、結合した知識を現実に活かすことを通じて成長していくが、そのためには「行動」が必要になる。

 すなわち自己成長には、「暗記」→「思考」→「行動」をいうプロセスが必要である。

過去にこだわらず、「これから先」を考えよう②

 若いときには過去の体験が少ないからかもしれないが、過去を考えることはあまりない。

 長い将来を「成功」させることだけに燃えている。

 

 しかし、年をとって多くの過去ができてくると、過去の知識や体験を思い出そうとしたり、考えるようになる。

 これは成長というよりも、これから先に対しては「成長の壁」になるのではないだろうか。

 なぜなら過去を考えることに一生懸命になり、自分の知らない、これから先に役に立つ、新たな知識の吸収や世界情勢の理解を妨げることになるからだ。

f:id:knakata:20210926164743j:plain

 過去は、「ある方」が成長するのか、それとも、「ない方」が成長するのか、それは、成長が著しい子供を見れば明らかだ。

 過去を持たない子供たち、成功の経験もなく失敗の経験もない子供たちが、これから先の自分の将来に目を輝かせて、人生の新たな荒波に向かって挑戦していく。

 過去がないから、何事にも新たな気持ちで挑戦する。

 もちろん失敗もするが、大きな成功もしながら成長していく。

 そして、自分の人生を充実させる。

 

 だから、年をとってからも成長を続けるためには、それまでの多くの「経験をうまく忘れ去る」ことが必要と思う。

 

 これからの激変する社会の中で、会社が勝ち抜くために必要な「優秀なリーダー」にとっては、これから先の新たな環境変化を予測して、俊敏に判断し対応できる能力が非常に大切になる。

 この場合、過去の経験はマイナスに作用することの方が多いものだ。

f:id:knakata:20210922165126p:plain

 常に今が「スタート」で、これから新たな知識や技術を理解し体得するという心構えが、これからのリーダーには必要ではないだろうか。

 過去の経験をうまく活かすことは大切だが、あえて活かそうとしなくても、将来を考えれば自然と活かされるものだ。

常に成長を目指そう

 人は誰でも、何歳でも成長できる可能性を持っている。

f:id:knakata:20210925100524p:plain

 自覚するしないは別にして、人は何にでもなれる、思うことは何でも出来るという可能性を持って生きている。

 特に生まれたときには、最大の可能性があり、未知で無限大だ。

 そして人は生きること(教育)によって、成長の可能性を徐々に開発しながらも、ある時点から可能性を無くし始める。

 可能性を無くし始める年齢は人によって大きく異なるが、何歳であっても可能性を開発しようとする限り、人は成長する。

行動力を高めよう

 行動力を高めるために、行動の加速に必要な「感情」を刺激する「驚き」を持とう。

 そして感情を刺激するためには、ときおり「ハッ」とすることだ。

 この驚き(小さな驚きでよい)が、感情を刺激して行動を加速する。(日々の流れの中から、我々を救い出してくれる)

f:id:knakata:20210925094854j:plain

 そして驚くためには、「一流」に接することだ。

 この一流の原点は「自然」で、「山、樹木、海、雪、雨、風・・・」は、我々に大きな驚きを与えてくれる。