仕事で自分を伸ばそう

「伸びる社員」「伸ばす社長」「優秀なリーダー」について簡潔にお話しします。

伸びる社員

成長を自覚しよう

人は成長することにより、多くの可能性が見えてきて実現するものだ。 自分が成長を感じることは、最高の幸せである。 なぜなら、成長によって多くの可能性が現実に実現して行くからだ。 自分が意図したことが、知識の吸収、知識の結合、そして可能性の実現へ…

良い友を持とう

本音で話し合える友を持つと、お互いに切磋琢磨できる。 本音で話し合い、相互の感情に迫ることができる友を持つことは、大変な幸せである。 言いたいことを言い合える友は、理性と感情の全てを共有化でき、感情に働き続けることができる大きな財産である。 …

良い習慣を持とう

習慣は、毎日の小さな目標と達成の積み重ねから始まる。 毎日の目標を持つと、その達成や未達に感情を刺激される。 例えば「本を20ページ読む」「5km歩く」「30分間考える」など、目標は小さなことで良い。 達成したときには満足感や優越感があり、未達の…

質問を投げかけよう

先輩に教えてもらうためには、一生懸命に質問をしよう。 先輩に教えてもらう(=育成してもらう)意識は非常に大切だ。 教えてもらうためには、先輩に一生懸命に質問して、考え方やいろいろな知識を吸収する。 しかし、最終的には育成されるという意識を捨て…

メモをしよう

1日1点、新たな発見をしてメモをする習慣を持とう。 毎日、何でも良いから何か気のついたことを1点メモをする癖をつけると、感情を刺激することができる。 日々何気なく見ている日常の風景の中に、何かの発見を見つけ出したときに感情がうまく刺激される。 …

未来を夢想しよう

10年後の明るい未来を夢想すると楽しくなる。 10年後を夢想することは、感情を強く刺激する。 自分がやりたい仕事をバリバリとこなしている姿、自分がなりたい姿が実現している姿を夢想することは非常に楽しい。 この楽しさという感情が理性を動かし、夢を実…

本を役立てよう

本は、「捨てる時」に役に立つと考えている。 本を捨てることは、感情を大変刺激する。 捨てる時に強く思うことは、「お金がもったいない」「いつか読むかもしれない」「寂しい」などであろう。 これらの思いを振り切って捨てる時に、必然的に感情を刺激する…

行動の阻害要因を無くそう

行動を阻害する、「過去の豊かな知識や経験」は捨て去ろう。 過去の豊かな知識や経験が、新たな知識の吸収や、大切な行動を阻害していることが多い。 豊かな知識や経験が、それも成功体験が、いわゆる固定観念を創造して、新たな行動を邪魔するのだ。 このジ…

行動の阻害要因を無くそう

行動を阻害する、「過去の豊かな知識や経験」は捨て去ろう。 過去の豊かな知識や経験が、新たな知識の吸収や、大切な行動を阻害していることが多い。 豊かな知識や経験が、それも成功体験が、いわゆる固定観念を創造して、新たな行動を邪魔するのだ。 このジ…

古典を読もう

「古典」は、我々にいつも「人間に対する驚き」を与える。 一流の本は、我々に感動という驚きを与える。 ここでいう一流の本とは、古い時代に書かれた古典だ。 作家が「全人格」を投入して作り上げた本は、誰にでも手軽に読むことができる。 時代が今と異な…

行動を加速するには「驚き」が必要だ

行動を加速する「感情」を刺激するために、「驚き」を持とう。 感情を刺激するためには、「ハッ」とすることだ。 この驚き(小さな驚きでよい)が感情を刺激し行動力を高める。 驚くためには、「一流」に接することである。 そして、一流の原点は「自然」だ。…

小さな行動から始めよう

結合させた知識を使った行動を起こすことは大切で、そのためには小さな行動から始めよう。 まずは、小さなきっかけで、小さな行動から始めることが大切だ。 たとえば健康づくりというテーマであれば、まず簡単な運動を行う。 「歩く」「ラジオ体操をする」「…

情報は結合させて知識にしよう

断片的な情報を役立たせるためには、情報を結合させて全体像を把握し、知識にすることだ。 収集した断片的な情報を結合させるためには、分類という作業を通じて全体像を把握するとよい。 そのためには、一つ一つの知識を紙ラベルに記入して、ラベルが100枚程…

情報は分類しよう

収集した情報を分類することにより、自分のものになる。 情報の収集は、「本を読む」「人と会話する」「さまざまなセミナーに参加する」ことで出来る。 しかし、そのときに収集した情報を忘れないようにするためには、自分なりの工夫を加えて記録(メモ)に…

自己成長を始めよう

自己成長のスタートは、基礎となる知識の吸収からだ。 多くの知識を吸収することが、成長のスタートに必要だ。 吸収した知識が、その人の頭の中で相互に結合しだすと、成長の第2段階に入る。 知識の吸収には「暗記」という作業が必要で、結合には「思考」と…

常に成長を目指そう

人は誰でも、何歳でも成長できる可能性を持っている。 自覚するしないは別にして、人は何にでもなれる、思うことは何でも出来るという可能性を持って生きている。 特に生まれたときには、最大の可能性があり、未知で無限大だ。 そして人は生きること(教育)…

行動力を高めよう

行動力を高めるために、行動の加速に必要な「感情」を刺激する「驚き」を持とう。 そして感情を刺激するためには、ときおり「ハッ」とすることだ。 この驚き(小さな驚きでよい)が、感情を刺激して行動を加速する。(日々の流れの中から、我々を救い出して…

計画を上手く進めるコツ

計画は「理性」で合理的に作り、感情で強く行動しよう。 人には理性と感情という、「心の2面」を持っている。 理性は物事を理論的に考察するために必要で、感情は行動の原動力になる。 理性と感情がうまくかみ合えば、素晴らしい行動力を発揮するが、たいて…

目標達成の喜びを感じよう

仕事の目標を達成した時には、大きな喜びが生まれる。 仕事には目標と納期があるため、それをノルマと受け止めて苦しいものと思いがちだが、見方を変えれば楽しいものだ。 目標と納期を達成するためには、一般的にいう努力(私は好きな言葉ではない)が必要…

仕事に情熱を持とう

仕事への情熱が、仕事を面白くするきっかけとなる。 仕事に燃えるためには、頭が発火温度になる必要がある。 燃えるもの(社会に役に立つ仕事)と酸素(職場環境)がそろっても、自分が発火温度にならなければ燃えることはない。 発火温度に達するには熱が必…

仕事に燃える職場の一員になろう

仕事に燃える社員が多い職場を目指すことが大切だ。 物と同じように、仕事に燃えるためには酸素が必要だ。 職場の酸素とは情報であり、さまざまな情報が往来し、自由に見聞きできることだ。 情報流通のためには、社員の自主的なコミュニケーションが必要であ…

仕事に燃えよう

仕事に燃えることは、大きな自己成長につながる 自分を動機付ける方法は、これまで書いたようにたくさんある。 それらを実行し自分を動機付けした人は、仕事に燃えることができる。 仕事に燃えれば熱が発生し、職場が活気にあふれてくる。 このような燃える…

勉強をしよう

勉強して知識を蓄えると、それを活かそうとしたくなる。 仕事を楽しくするためには、こつこつと勉強をすることだ。 仕事に関係あるテーマについて、まず3ヶ月勉強をするか、関連する資格を取ると良い。 私が最初に取った資格は、「危険物取扱乙種第4類」とい…

見習いたい先輩を見つけよう

職場で少し年上の、見習いたいと思う良い先輩を見つければ成長する。 できるだけ早く、良い先輩を持つ(見つける)ことだ。 見つけようとすれば必ず見つかる。 良い先輩とは、自分自身に正直に一生懸命に生きている先輩で、仕事や生きがいや人生についてしっ…

仕事を楽しもう

仕事を楽しめば、最高の動機付けができる。 本来、仕事は楽しむものであって、決して苦しむものではなく、生活の糧を稼ぐための道具だけでもない。 そして仕事を楽しむためには、仕事を通じて果たす「社会貢献=顧客の満足」を考えることだ。 ほとんどの仕事…

自分を動機づける

仕事の良い成果を出すためには、自分を動機づける事が大切だ。 自分で自分自身を動機づける方法は、自分の将来に「魅力のある目標」を持つことだ。 その目標には、今担当している「仕事の目標」、これから担当したい「仕事の目標」、それを実現するために必…