経営コンサルタント 中田耕治のブログ

「伸びる社員」「伸ばす社長」「優秀なリーダー」について簡潔にお話しします。

社員を褒めよう

上手に褒めることは、社員の大きな動機づけになる。 社員が目標を達成したときに褒めることは当然だが、計画作り以降の行動でも適時褒めることが大切だ。 褒められるとうれしくなり、行動力を自然と高めることになる。 それによって当然目標の達成確率は高く…

仕事に燃えよう

仕事に燃えることは、大きな自己成長につながる 自分を動機付ける方法は、これまで書いたようにたくさんある。 それらを実行し自分を動機付けした人は、仕事に燃えることができる。 仕事に燃えれば熱が発生し、職場が活気にあふれてくる。 このような燃える…

日程計画を作ろう

良いプロセスは、日程計画に落とし込んで行動に移してもらおう。 目標達成を予感できるプロセスができたら、具体的な日程計画を作成してもらうことだ。 日程計画では、現実的に実行が可能なスケジュールであることが必要である。 実行できるという自信が持て…

勉強をしよう

勉強して知識を蓄えると、それを活かそうとしたくなる。 仕事を楽しくするためには、こつこつと勉強をすることだ。 仕事に関係あるテーマについて、まず3ヶ月勉強をするか、関連する資格を取ると良い。 私が最初に取った資格は、「危険物取扱乙種第4類」とい…

良いプロセスを作ろう

良いプロセスを作るには、しっかりと考えることが大切だ。 目標達成に向けてしっかりと考えることにより、良いアイデアが浮かぶとともに、実行への道筋が見えてくる。 だから、目標は大きければ大きいほど、しっかりと考えなければならない。 このプロセス作…

見習いたい先輩を見つけよう

職場で少し年上の、見習いたいと思う良い先輩を見つければ成長する。 できるだけ早く、良い先輩を持つ(見つける)ことだ。 見つけようとすれば必ず見つかる。 良い先輩とは、自分自身に正直に一生懸命に生きている先輩で、仕事や生きがいや人生についてしっ…

仕事の目標設定の意義

目標は達成するためにあるのではなく、良いプロセスを作るためにある。 社員に与える目標だが、目標は「達成する」のが目的ではなく、「良いプロセスを作る」のが目的だ。 達成することが目的になると目標自体が低くなり、部下の成長にはつながりにくい。 多…

仕事を楽しもう

仕事を楽しめば、最高の動機付けができる。 本来、仕事は楽しむものであって、決して苦しむものではなく、生活の糧を稼ぐための道具だけでもない。 そして仕事を楽しむためには、仕事を通じて果たす「社会貢献=顧客の満足」を考えることだ。 ほとんどの仕事…

社員を動機づける

社員に大きい目標を与えよう。 社員を動機づけするためにまず行うことは、仕事に対する適切な目標を設定し、それに必死に向かわせることだ。 本人の200%以上の努力で達成できそうな目標を、部下と真剣に話し合いながら決めることだ。 結果的には社員本人が…

自分を動機づける

仕事の良い成果を出すためには、自分を動機づける事が大切だ。 自分で自分自身を動機づける方法は、自分の将来に「魅力のある目標」を持つことだ。 その目標には、今担当している「仕事の目標」、これから担当したい「仕事の目標」、それを実現するために必…

会社は社員に動機づけのきっかけを与える

会社は社員に動機づけのきっかけを、繰り返し与えることが大切だ。 会社は社員に、仕事に熱中する動機づけの「きっかけ」を与えることは出来るが、最終的に自分を動機づけするのは社員自身である。 一度のきっかけで自分を動機づけできる社員は少ないので、…

動機付けされない社員は、能力の一部しか出さない

勝ち残るためには、社員の全能力発揮を目指すことが大切だ。 仕事に動機付けされない社員は、能力のほんの一部しか出さない、出せていない。 社員が持てる能力をフルに発揮して、多くの成果を期待してる会社にとっては、非常に残念なことである。 もちろん会…

会社(職場)には「夢」が必要だ

会社(職場)には、全社員が心をときめかす夢が必要だ。 会社が組織として力を発揮するためには、共通の目標が必要であり、それが夢である。 もちろんその夢は、全社員に受け入れられて共感されなければならない。 単なる文字や言葉やスローガンだけでは駄目…

㈱アドバンス経営

ご挨拶 37歳から始めたコンサル歴は30数年が過ぎた。(過ぎれば早いものだ!) 自動車会社に入社して13年後、将来を熟考した結果、あるきっかけでコンサルタント会社に転職し、そこで5年間働き、42歳のときに独立した。 コンサル業界で必死にもがきながら、…

企業経営は「戦い」だ

企業経営は「戦い」である。 「経営環境」 「競合他社」 「社員」 「自分」 との戦いである。 戦いであることを社員全員が自覚すると、社内に「厳しさ」が生れる。 そして勝ち抜く方策が見つかる。 しかし残念ながら、戦いであることを知らず、甘い体質にな…