経営コンサルタント 中田耕治のブログ

「伸びる社員」「伸ばす社長」「優秀なリーダー」について簡潔にお話しします。

仕事に燃える職場の一員になろう

仕事に燃える社員が多い職場を目指すことが大切だ。

kaigi_sagyouin_shinken.png

 物と同じように、仕事に燃えるためには酸素が必要だ。

 職場の酸素とは情報であり、さまざまな情報が往来し、自由に見聞きできることだ。

 情報流通のためには、社員の自主的なコミュニケーションが必要であるが、それがない職場は社員が酸素を得ることができなくなり、脳が酸素不足でフル回転しない。

 つまり不完全燃焼(くすぶった)状態になる。

 しっかりと自分の意見を話そう!