経営コンサルタント 中田耕治のブログ

「伸びる社員」「伸ばす社長」「優秀なリーダー」について簡潔にお話しします。

プロ意識を持とう①

 優秀なリーダーは、「プロ意識」を持っている。

 プロというのは、たとえば、野球やサッカーなどのプロスポーツ選手、将棋の4段以上のプロ棋士、また、芸能人などだ。

 すなわち自分の職業意識を強く持ち、その分野の中で必死に生存競争をしながら稼いでいる人たちを言う。

 残念ながら、プロ(サラリーマン)とはあまり言わないことから、多くのサラリーマンはアマチュアなのかもしれない。

f:id:knakata:20210922094256j:plain

 では、プロとアマチュアの違いというのは何だろうか。

 第1に、プロはすべて「結果」で評価されるため、プロスポーツの選手や将棋の棋士は、勝負に勝たなければならない。

 芸能界では、来てくれたお客さんの数が結果だ。

 いくら一生懸命に歌を歌ったり芝居をしても、お客さんがたくさん来てくれなければ、プロとしての評価は低い。

 このように、プロの場合は結果がつかみやすく、その結果に合わせて収入は極端に大きく上下する。

 そして、プロはそれを納得している。

 だから、「自分は、努力はしたのですが…」ということは、絶対に言わない。

 それを言えば、プロから脱落だ。

f:id:knakata:20210922094316p:plain

 一方、日本のサラリーマンは結果だけでなく、今でも「努力」が評価の対象になっている会社が多い。

 「日本的経営」と言われて、一時、高度成長の原動力と見なされた「年功序列制度」は、それに相当していた。

 ひとつの会社に長い年月勤めることが、仕事に対して優秀な能力を持っていると見られ、高く評価された。

 たとえ、仕事に失敗したとしても、「努力はしたのですが」というような弁解が十分に通じた。

 社内では、努力を認める評価の仕組みになっていたからで、今ではその仕組みは徐々に少なくなってきている。

 また、サラリーマンの評価は、評価基準はあるものの、仕事の結果よりは「勤務態度」とか「見かけの熱意」などのように、評価する人によって大きな差の出る評価項目が多く、評価された社員の納得性は少ない。

 だから、評価結果を無視して、「評価が低いのは、上司に人を見る目がないからだ」「自分としては一生懸命に仕事をした」、また「この程度の仕事の成果で給料相当だ」といったような、自己満足で自己評価をすることになる。

 

プロ意識を持とう②へ続く