経営コンサルタント 中田耕治のブログ

「伸びる社員」「伸ばす社長」「優秀なリーダー」について簡潔にお話しします。

プロ意識を持とう③

 プロとアマの違いの第3は目標で、プロの目標は大きな報酬とステータスが得られる「No1」になることだ。

 そしてそれを実現する、「日々のレベルアップ」が行動目標になっている。

f:id:knakata:20210923063929j:plain

 しかしながらサラリーマンの目標は、「部長になる」「取締役になる」「社長になる」と言う人がいるかもしれないが、日々の行動のほとんどは仕事をこなすだけの「成り行き」か「現状維持」だ。

 本来なら自分のレベルをチェックして、その職務能力の最高レベル(トップ営業マン/ウーマン・トップ経理マン/ウーマン…)を目標にして「日々勉強」をすればよいのだが、そこまで考えている人は少ない。

 だから毎日、部長・取締役・社長を目指した、「現状維持だけの仕事」をして満足している。

 一生懸命に仕事に取り組んでいるだろうが、現状維持の仕事からは、進歩は絶対にない。

 進歩どころか維持すらできなくて、能力は落ちていくだけだ。

f:id:knakata:20210922094316p:plain

 このように、プロとアマチュア(サラリーマン)を比較してみると、プロの世界は非常に厳しい。

 しかし、力のあるプロにとっては、自分を大きく活かせる非常に面白い世界である。

 なぜなら、自分の力だけに頼り、その力を磨くことによってその分野で君臨することができ、そして大きな収入と深い満足が得られるからだ。

f:id:knakata:20210922094316p:plain

 一方、サラリーマン社会も年功序列制度の廃止や仕事の成果に基づく年俸制度の導入、また、役職の廃止や組織のフラット化など、「プロ制度化」が急速に進んでいる。

 その中で、自分と人を引っ張ることができる「優秀なリーダー」になるためには、サラリーマンとしてのプロ意識を持つ事が大切だ。

 そして、その意識を具体的な日々の仕事や行動に反映させることが、まず必要と考えている。