仕事で自分を伸ばそう

「伸びる社員」「伸ばす社長」「優秀なリーダー」について簡潔にお話しします。

良いプロセスを作ろう

 良い結果を生むためには、良いプロセスが必要である。

PDCAサイクルのイラスト(アイコン付き)

 社長はすべての経営プロセス作りに、最善の努力をしなければならない。

 経営は結果であることは間違いないが、結果はプロセスから生まれる。 

 だから最善のプロセスを作ることが必要だ。

 

 このプロセスは、一旦作ったらそれでおしまいかというとそうではない。

 作った時から始まる。

 つまりプロセスの実行を通じて、計画した途中の結果が出る。

 それが予想と異なる場合には、タイムリーにプロセスを作り直すことだ。(いわゆるP⇒D⇒C⇒Aサイクル)

 それが最善の努力である。

 その最善の努力を継続してこそ、素晴らしい結果(経営成果)が出る。