㈱アドバンス経営 中田耕治のブログ

「優秀なリーダー」「伸びる社員」「伸ばす社長」について簡潔にお話しします。

改善手法を学ぼう

 改善を進めるための、基本的な手法を知ることは大切だ。

 

 改善手法を知っていれば、改善を比較的簡単に実行することができる。

 そして改善手法の原点は、作業や時間を「小さく見る」こと、「定量的に(数字で)見る」ことだ。

 

 たとえば、作業の効率化をする場合には、作業を小さな手順に分解(記述)し、その手順の時間を測定すると良い。

 

f:id:knakata:20220126165406p:plain

 小さく定量化すると、問題点や改善アイデアが見えて来る。

 反対に大きく定性的に見ると、問題点や改善アイデアが総論すぎて改善は出来ない。

 世界経済は停滞している言っても、何ら改善は出来ないことと同じだ。