㈱アドバンス経営 中田耕治のブログ

「優秀なリーダー」「伸びる社員」「伸ばす社長」について簡潔にお話しします。

経営資源である「物(設備や機械)」は自然に陳腐化する

 企業の経営資源である「物(設備や機械)」は、自然に陳腐化していく。

 企業体質の強化にとって、「物(設備や機械)」の役割は大きい。

機械を操作している工場員のイラスト

 「物」には工場や倉庫、事務所等の建物、また工場にある設備や機械、さらにパソコンや情報システムなどがある。

 これらは、製品の製造やサービスの提供に欠かせない。

 これらの「物」の体質強化とは、顧客が満足する製品やサービスをいかに低コスト(他社と差別化する)で作り出せるか改造することだ。

シンプルなライン素材(点線)

 しかし、当初は最新鋭の「物」でも、たとえ改造したとしても、時の経過とともに陳腐化していくことから、経営体質として考えると「物」に強く依存した企業体質は日々弱体化していくことになる。