㈱アドバンス経営 中田耕治のブログ

「優秀なリーダー」「伸びる社員」「伸ばす社長」について簡潔にお話しします。

経営資源の「金」は重要だ

 経営資源の「金」は重要であるが、必要条件ではなく十分条件だ。

お金の入った袋のイラスト「円マーク」

 企業体質の強化にとって、「金」の役割は大きい。

 「物」を調達するためには、「金」が必要なためだ。

 この必要な「金」には固定資産や無形資産を調達するための「投資資金」と、日々の製品やサービスを作り出していくための原材料費や人件費、光熱費等の「運転資金」がある。

 

 お金が潤沢にあれば、資産の最新化を含めてこれらの費用の調達に苦労することがなく、そういった面で企業体質の強化にはベターだ。

 ただし「金」は、企業の将来性は信用力で銀行や株式、社債として外部から調達することが出来る。

 なお、企業としてお金に苦労することは、非常に大切は経験になる。