㈱アドバンス経営 中田耕治のブログ

「優秀なリーダー」「伸びる社員」「伸ばす社長」について簡潔にお話しします。

 経営資源の「お金」は、将来に向かってしっかりと使う(投資する)ことが大切だ。

お金の入った袋のイラスト「円マーク」

 企業体質の構成要素の2つ目は「お金」だが、この強い方向とは「無駄のないお金」の使用」だ。

 この使用は、現在の便益のためのもの(経費)と、将来の便益確保のためのもの(投資)に分かれる。

 

 この2つで無駄のない「お金」の使用を考えると、前者は現在の便益のためのものだからわかりやすいが、後者の投資についての無駄はしっかりと考える必要がある。

 なぜなら、無駄と思われたことが、将来非常に役に立つ場合が結構多いからだ。

 経費と投資を混同して節約している会社が多いようにも思われる。